• お問い合わせは092-558-2399まで

新着情報

freee会計エキスパートに合格しました

freeeの認定アドバイザーのための資格制度 freeeの認定アドバイザーというのは元々は特になるのに制約はなく、申し込んでセミナーを受ければなれるものでした。しかし、7月から要件が厳しくなり、fre …

続きを読む

経営危機を乗り切るには

経営危機を乗り切るために事前に準備しておく必要があること 今日は同友会の私が所属するブロックの主催で「経営危機を乗り切るために経営者は何をしておかなければならないのか」というテーマで、勉強会が開かれま …

続きを読む

グループ会社間でやり取りした債権債務を相殺するには

グループ会社間で資金を融通するためにやり取りした債権債務 上場企業のような大きな会社ではあまり見られませんが、会計処理に関してあまりちゃんとしていない小規模企業では、資金の融通や節税目的で複数の会社間 …

続きを読む

事業承継M&Aアドバイザー養成講座のご案内

11月28日・29日にアドバイザー養成講座が開講されます 福岡事業承継M&Aセンターに所属していますが、11月28日・29日に6回目になる事業承継M&Aアドバイザー養成講座という講座が …

2020年10月19日 /
未分類
続きを読む

グループ会社で債権債務をやり取りするのは節税になるのか?

会計士時代には見かけなかった小規模な会社特有の不思議な会計処理 独立して税理士業務をやるようになって、会計監査を受けているような規模が大きな会社では見ることが無かった税務基準に基づく会計処理をよく見か …

続きを読む

健保と厚生年金の届出は5日以内-法人設立時の手続が間に合わない?

会社設立から5日以内に行わなければならない手続 法人を設立した時には、個人事業主が開業届を出すように様々な手続きが必要です。特に個人事業主の時と異なるのは、健保や厚生年金に強制加入が必要になる点です。 …

続きを読む

ただ法人化するだけでも節税になる理由

法人化によって何でも経費にできるわけでは無い 節税のために法人化するという話はよく聞く話ですが、なぜ法人化すると節税になるのかというと、給与所得として役員報酬を支払うことによって、法人で一旦経費として …

続きを読む

消費税の簡易課税制度を活用するために必要な事業区分

売上高5,000万円までの事業者が対象となる簡易課税制度 売上高が5,000万円までなら採用できる消費税の簡易課税制度というものがあり、仕入税額にかかわらず一定の割合を納付する消費税から控除することが …

続きを読む

組織が大きくなるほど重要になる経営理念

どこに向かうのかを決める 経営理念が重要だという話は経営をテーマとした話の中でよく出てきますが、一旦それらしいものを作ったまま忘れてしまう、作ったものの役に立っていないといったこともありがちなのが経営 …

2020年10月14日 /
経営,
続きを読む

あなたの会社は膨張しているのか拡大しているのか

会社成長している時に気を付けなければならない事 何をもって会社が成長していると判断するのかは意外と難しい問題です。単純に売上高が増加していれば成長しているように見えますが、それは単に会社が膨張している …

2020年10月12日 /
経営, , ,
続きを読む

税理士に期待できる3つのアドバイスとは

会計から得られる情報とその活用方法 公認会計士・税理士というのは経営を数値化しているともいえる会計・税務の専門家です。会計情報から得られるのは、「今までどの程度利益が出ているのか(過去の経営活動が正し …

続きを読む

「会計で会社を強くする」TKCの理念

経営支援に特化したTKCの会計システム 私が税理士事務所として対応している会計ソフトはfreeeとTKCのFXシリーズです。それ以外の会計システムを利用しているからと言って依頼を断ることはありませんが …

続きを読む