• お問い合わせは092-558-2399まで

事業再構築補助金第1回の公募締切を迎えました…と思いきやサーバーがパンクしGW明けの5月7日まで延長になりました。申請が間に合わなかった方は練り直す余裕ができてよかったのではないかと思います(休み返上になってむしろ申請しておきたかった…ということにならなければいいですが)。

事業再構築補助金の概要については以下の記事を参照ください
事業再構築補助金を徹底解説【申請代行】【申請支援】

第2回はいつから?

第2回は5月10日からの受付になるようです。第1回は公募開始から締め切りまでの期間が1ヶ月程度しかありませんでした。今までになかった補助金ということで詳細が不明だったこともあり、準備不足で見送らざるを得なかった事業者も多かったと予想されます。そんな中でも果敢に申請してきた事業者はサーバーがパンクするほどということなので、第2回の応募者はそれ以上の規模になることが予想されます。

第1回は「全然万全とは言えない事業計画だけど1回目は通りやすいって言うし、とりあえず出す!」という応募が多いと思いますが、第2回は公募要領が公表されてから十分な期間があり、当然に応募者の事業計画の完成度は上がってくると思われます。第1回で不十分な計画で申請してしまって採択されなかった事業者も練り直して再チャレンジしてくるでしょうし、第1回よりはるかにハイレベルな争いになると予想されます。

第2回はいつまで?

第2回の締切りについてはまだはっきりと発表されていませんが、7月上旬になるとのことです。これは第1回の採択結果の公表の後にならないと、第1回の再チャレンジ組が参加できないためです。第1回の採択結果の公表は6月中旬頃。初めての補助金であり、申請件数も尋常じゃない数になっていると思われるうえ、審査員も足りていないとのことなので6月中旬公表も予定通りいけるのか不透明な部分があります。余裕を見て7月上旬といったところなのでしょう。

第2回を目指す方は6月末完成を目標に準備を

どうなるかはわかりませんが、第2回に応募する予定の方は今から2ヶ月で完成までもっていく準備をすれば確実です。早速事業計画を作成していきましょう。

「事業計画の作り方が分からない」「事業計画のテンプレートのようなものが欲しい」と言ったお悩みがある方は、ezakitakakazu.office@gmail.comまでご連絡ください。

当事務所の支援の考え方は以下の通りです
【事業再構築補助金】認定支援機関にどこまで申請に協力してもらう?3段階の支援依頼


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です