• お問い合わせは092-558-2399まで

最近ブログの認知度が上がっているのか、問い合わせの電話やメールが少しづつ来るようになりました。先日電話に出ると近所で会社をやられている方からの問い合わせで、「事業の改善計画を作成して欲しいのですが…明日までに」という内容でした。…明日までに!?

公的機関からの要請で急遽必要になった経営計画

話を聞いてみると、直近の決算内容が債務超過に陥ってしまったため将来的に債務超過が解消されるという事を示す改善計画を提出するように公的機関から言われているという事でした。自社で作成したものだとだめで、公認会計士や税理士の様な専門家が作成したものを準備するように言われているとのことでした。

それにしても、そんなに急に言われるわけはないと思うのですが、とにかく「できれば今日、無理なら明日までに」という無謀な依頼の電話がかかってきたのは正午頃。

その日は夕方から同友会の例会があり、よりによって私が発表を担当する回だったため、遅れるわけにはいきません。今日中にという依頼に答えるとするとタイムリミットは16時半。諸々の事を考えると使える時間は3時間といったところでしょうか。

「もう何十回も電話してるんですがすべて断られて…」とお困りのようですが、そりゃそうでしょうね!というしかありませんでした。

そういう仕事をこなしてきた過去

私が監査法人で働いていた時には、こういう「大半の人が断る仕事」を請け負うのが私の役割でした。もちろんできなければできないと断りますが、大抵の場合何とかしようと思えば何とかなります。

これは、与えられた時間やその他リソースの範囲で何とか形にするというレベルであればなんとかなるという話です。大半の人が言っている「できない」というのは「通常の品質を担保することはできない」という意味で、それについては私も他の人と同じです。

しかし、そういった無謀な依頼をする際には相手も無謀であることは百も承知で頼んでいるわけで、通常の品質を担保してもらおうなどと考えているわけではありません。そこで、落としどころを探ることでなんとかできる余地が生まれます。

ちなみに以前働いていたコンサルティングの会社ではよく深夜にミーティングして「じゃあ、明日の朝までにまとめておいて」なんて言うことを本気で言われることがありましたが、そんなことを日常的にやっていたら体を壊すので、最近はだいぶホワイト化しているのではないかと思います。

3時間で簡易版企業財務診断報告書を作成

3時間で事業の改善計画を作成した経験はありませんでしたが、先日「経営革新等支援機関推進協議会」という会に参加してF+Prusというツールを導入したばかりだったので、勝算はありました。対応している会計ソフトからデータを出力できなければいけませんでしたが、幸い件の会社はMFクラウドというメジャーなクラウド会計ソフトを利用して決算書を作成されていたため対応可能でした。

こういうツールです(経営革新等支援機関推進協議会HPより)
財務診断報告のサンプル画像1
報告書のイメージ

「経営革新等支援機関推進協議会」は認定支援機関が行う業務をサポートするための協議会です。このツールも本来は早期経営改善計画や経営改善計画、金融機関への資金調達時の説明資料を作成するためのツールです。当事務所は顧問先に対して総合的にキャッシュに関するアドバイスができる事務所を目指しているので、そのニーズとマッチしたこともあり参加させていただきました。

実際利用してみると、現状維持を前提とした計画であれば比較的簡単にできます。しかし、通常は現状維持というわけにはいかないと思いますのでヒアリングを行いながら計画に修正を加えていく必要があります。結果的に無事16時半に納品、先方も公的機関に確認を取った所、私が作成した報告書で問題ないとの回答を得たとのことでした。

後述の対応する会計システムを利用されている場合、今回のように急な依頼でも経営計画を作成することが可能です。ただ通常は早期経営改善計画は10万円で承る仕事です(国から20万円の補助が出るので、認定支援機関が受け取る報酬は30万円になります)。

今回は早期経営改善計画ほど必要な資料が無く、データを取り込んで簡易版の報告書を提出という流れだったため、20万円の補助なしで10万円(税別)で対応させていただきました。

下記の会計ソフトで決算書を作成されているのであれば対応可能ですので、ご要望があればezakitakakazu.office@gmail.comまでご連絡いただければ幸いです。

【対応可能な会計ソフト一覧】

EPSON(財務応援)
EPSON(財務顧問)
freee株式会社(freee)
ICS(財務処理db)
Mikatus(A-SaaS)
MJS(ACELINK NX-Pro)
OBC(勘定奉行)
OBC(勘定奉行クラウド)
TKC(e21まいスター)
TKC(FX2)
エッサム(e-PAP)
エヌエムシイ(CASH RADAR)
シスプラ(キーパー財務)
ソリマチ(会計王)
ピー・シー・エー(PCA会計)
ビスソフト(ツカエル会計)
マネーフォワード(MFクラウド)
日本デジタル研究所(JDL IBEX 財務)
日本ビズアップ(発展会計)
弥生株式会社(弥生会計)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です