• お問い合わせは092-558-2399まで

経営支援に特化したTKCの会計システム

私が税理士事務所として対応している会計ソフトはfreeeとTKCのFXシリーズです。それ以外の会計システムを利用しているからと言って依頼を断ることはありませんが、これらの会計システムを利用している場合にはスムーズに対応することができます。

TKCの会計システムは、一言で言うなら税理士が経営支援を行うことに特化した会計システムです。通常、税理士というのは経営者の意向に合わせて「申告だけやってくれればいい」という事であれば年に1回申告書を作成するだけ、「毎月来てもらわなくてもいい」という事であれば3ヵ月に1回等の頻度で訪問する等柔軟に対応します。

しかし、それではタイムリーに適切なアドバイスはできませんし、税理士として「会社の会計情報を分析して問題点について提案を行う」「資金調達を支援する」等々の付加価値の提供は難しくなります。TKCはそういった付加価値を最も重視している会計ソフトであり、例えば科目を変動費と固定費に分けることを必須としているなど独特の仕様になっています。

また、TKCの会計ソフトを利用して作成した決算書のデータをデータベースに登録することにより、優遇金利で借り入れが可能になるなど、資金調達面での優遇措置が合ったり、BASTと言われる、TKCを利用した会社同士の決算情報の比較が可能になって、自分の会社が他社に比べてどの程度うまくいっているのか、いないのかと言った情報もわかるようになります(もちろんどの会社かは特定できないようになっています)。

顧問税理士として月1回必ず対面で「巡回監査」と言われるチェックを行わなければならないとされており、経営者の都合に合わせて数ヵ月に1回とか、申告のみと言った対応は受け付けません。

本気で経営について税理士を頼りたい人のための会計システム

税理士をただ「申告を代行してくれる業者」と捉えていると、税理士報酬は高く感じると思いますし、とにかく安くやってもらえればという発想になってしまうと思います。そういったニーズがあるのは当然ですし、税理士の中にもそういったニーズに特化し高効率で安価に申告のみ行う税理士事務所もあります。

ただ、もし経営について本気で考えたい、会社を大きくしていきたい、従業員を幸せにしたいという想いがあり、一方で、会計についてはよくわからない、資金調達や原価管理など数字に関する細かい事を考えるの苦手といった方であれば、税理士にアドバイスを受けながら企業経営を行っていくことで、支払う報酬以上のものを得られる可能性があります。

TKCの会計システムをベースにした税理士の顧問業務はそういった情報提供を非常に得意としており、そのための各種ツールが揃っているため、TKCに対応している税理士を希望される経営者も多いようです。

freeeのように新興のクラウド会計でユーザーフレンドリーなインターフェース、オープンで誰でも気軽に使えるといった会計ソフトではありませんし、税理士の支援が手厚くなることに比例して報酬も上がってしまいますが、福岡でTKCの会計システムに対応できる税理士をお探しの場合はご相談いただければ対応可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です